京阪電車が2023年4月からの10円値上げを発表してる。バリアフリー設備の整備で

京阪電鉄がバリアフリー設備の整備を加速させるため、2023年4月から10円の加算運賃を設けると発表しました。

※資料写真(寝屋川市駅、2022年6月)

国が2021年12月に創設した「鉄道駅バリアフリー料金制度」を活用し、利用者全体に薄く広く負担を求めるものです。

京阪電鉄の発表(PDFファイル、8月5日発表)によると、概要は以下の通りです。

(1)整備内容
・ホームドア(2023年度は枚方市駅を予定)
・テレビ電話機能付きインターホン(京阪線全駅)
・駅放送システム更新による放送内容の充実や行先表示器の新設など
・エレベーターの更新(3駅6基)
・既存バリアフリー設備の必要な更新、維持管理

(2)運賃の引き上げ
・定期券外:10円
・1ヶ月定期:370円
・3ヶ月定期:1050円または1060円
・6ヶ月定期:1990円または2000円
・通学定期券:対象外
※大人料金の場合

(3)対象
・京阪線全駅(大津線、ケーブル線を除く)

(4)収受開始予定日:2023年4月1日

整備内容は線路への転落を防ぐのに有効なホームドアのほか、テレビ電話機能付きインターホンの整備など多岐に渡ります。

※京橋駅(2022年4月撮影)

枚方市駅にホームドアが設置されれば、2022年1月に稼働した京橋駅(京都方面行きホーム)に続いて2例目となります。

運賃の引き上げは定期外と通勤定期券が対象です。対象は京阪線(京阪本線・鴨東線・中之島線・交野線・宇治線)の全駅で、2023年4月1日から加算が始まる予定とのこと。

【関連記事】

※守口つーしん(2022年2月配信)
※2021年2月撮影

※「7Nan」さん、情報提供ありがとうございました!(情報提供はこちら