おおさか東線が大阪駅に乗り入れ。2023年3月から

JR西日本が2023年春のダイヤ改正を発表しています。

おおさか東線開業直後の新大阪駅

JR西日本のニュースリリース↓

JR西日本のリリースによると、来春のダイヤ改定は大阪駅のうめきたエリア開業やJR奈良線の複線化などが主なトピックになるようです。

寝屋川市民に関係がありそうなトピック
・大阪駅(うめきたエリア)が開業
・特急「はるか」と「くろしお」が「大阪駅(うめきたエリア)」に停車
・おおさか東線の列車が現在の新大阪駅から大阪駅まで乗り入れを開始
・おおさか東線の直通快速が新たにJR淡路に停車、直通快速を現在の7両編成からクロスシート車8両編成で運転
・利用に合わせてJR宝塚線・福知山線の列車を一部見直し



大阪駅(うめきたエリア)は、大阪駅近くを通る東海道線支線の移設に伴い、大阪駅の一部として設けられる地下ホームです。

これまで関西国際空港に向かう特急「はるか」、和歌山方面に向かう特急「くろしお」は大阪駅付近を素通りしていましたが、地下ホームの完成で新たに停車するようになるのだとか。

あわせて現在新大阪駅止まりの「おおさか東線」の列車も、大阪駅地下ホームへの乗り入れを開始。大阪駅へのアクセスが便利になるようです。

2023年3月18日にダイヤ改正されれば、片町線(学研都市線)の各駅から大阪駅に行く際の選択肢が増えるのではないでしょうか。

この他にも京阪神の路線で行き先や運転間隔・両数の変更などが行われる予定とのこと。

関連リンク

※「7Nan」さん、情報提供ありがとうございました!

寝屋川つーしんでは読者さんからの情報提供をめっちゃ待ってます!
ねやつーと一緒に寝屋川情報を充実させませんか?
お店ができた!あそこで工事してる!などなど些細なことでも大丈夫です!
★情報提供はコチラ★

広告の後にも続きます

広告の後にも続きます