大阪電通大で行われた「自転車安全講習会」の様子。乗車中の危険を学べるVR体験も

大学生の自転車事故防止などに役立てるため、大阪電気通信大学寝屋川キャンパス(初町)で自転車安全講習会が11月29日(月)、実施されました。

J号館1階にある学生ラウンジに希望者が集まり、自転車の交通ルールを再確認するとともに危険予知の仕方などを学びました。

講習会では、大阪府警察の現役警察官が約30分間にわたって講義。

講師役の警察官は運転免許の有無が分かれる学生に対して、ボードで分かりやすく説明しました。

また講義後にはクイズ方式で交通ルールを学んだり、自転車を運転している時の危険をVRで模擬体験したりする機会が設けられました。

運転シミュレーターが不調で体験できないトラブルがあったものの、今回の講習は正しい運転への意識付けのきっかけとなったようです。

11月は「自転車マナーアップ強化月間」として位置づけられているとのこと。

【地図】

【関連記事】

※情報提供はこちら