京阪プレミアムカーの一部列車が1両→2両になりそう

京阪電車がプレミアムカーの増備を実施するようです。

京阪の青い電車の新プレミアムカーお披露目会で見てきた車両の内部とかより

京阪電車のリリースによると、2025年秋を目処にプレミアムカーを増備するそうで、京都新聞によると一部列車で連結数を現在の1両から2両に増やす計画があるとのこと。

プレミアムカーとは

2017年8月20日から運行がはじまった京阪電車初の座席指定有料特急車両のこと。
特急車両8000系の6号車(大阪側から3両目)の1両がプレミアムカーとなっていまして、アテンダントさんがいたりと名前のとおりプレミアムな車両です。

これまでは上記のとおり8000系のみの運用でしたが、2021年からは3000系の車両にもプレミアムカーができ、全ての特急車両に導入されました。

車両が増えるということで、それだけ人気がある模様です。

またリリースによると沿線エリアへの誘客強化に向けて観光列車の導入や、さらに京阪バスでは自動運転の導入も検討しているとのことでした。

寝屋川市民的には京都に行く時に使う、みたいなパターンが多いプレミアムカーですが、その分普通の車両が少なくなるかもと考えると、プレミアムカーに乗らない場合でも影響もありそうですね。

◆関連リンク


情報ありがとうございました!
■■■情報提供求む!■■■


広告の後にも続きます

広告の後にも続きます