寝屋川出身の宇良が4年ぶりの幕内勝利!『戦後、最も低い番付から幕内復帰した力士』になるみたい

寝屋川市出身の力士・宇良(木瀬部屋)が、7月4日に行われた大相撲名古屋場所の初日で約4年ぶりに幕内勝利しました。

画像は日本相撲協会公式サイトより

宇良(本名:宇良和輝)は寝屋川市出身・木瀬部屋所属の力士。2017年に膝のケガをしたことがきっかけで2019年までに2度の手術を受け、その間の番付は西序二段106枚目にまで下がりました。

東神田町自治会館の新入幕記念植樹

しかしリハビリの末2020年11月場所で十両復帰。2021年5月23日に行われた大相撲夏場所の千秋楽において十両初優勝し、4年ぶりの幕内復帰を確実としていましたが、今回の名古屋場所で西前頭13枚目として期待に応えて勝利を飾りました。

西序二段106枚目にまで番付が下がった力士が再入幕するというのは、戦後最大の記録なんだそうですよ。

大変おめでたい話ですね! 今後よりいっそうの活躍を期待したいと思います。

【関連記事】
寝屋川出身の力士・宇良が十両初優勝!ケガを乗り越え4年ぶりの幕内復帰へ(2021年5月)
寝屋川市出身・宇良が関取復帰戦を白星発進してる。2度の大けがから復活、約3年ぶりの十両としての取り組みに期待(2020年11月)
寝屋川市出身の宇良関が右ひざのじん帯を断裂。1年ほどリハビリが必要な手術を選択する可能性も(2017年9月)