寝屋川市出身の宇良関が右ひざのじん帯を断裂。1年ほどリハビリが必要な手術を選択する可能性も

寝屋川市出身の前頭4枚目・宇良関(25歳、木瀬部屋)が、右ひざのじん帯を断裂するけがを負っていることが分かりました。

P2020736
※資料写真(日之出町の境川部屋の朝稽古)

宇良関は秋場所の2日目(9月11日)に7月の名古屋場所で痛めた右膝を悪化させ、車いすで会場を後にしていました。その後「右膝前十字じん帯の負傷」という診断書を提出し、残りの取り組みを休場

医師の診察の結果、想像以上に重傷だったことが判明したようです。

じん帯の断裂はメジャーリーガーの田中選手やダルビッシュ選手も経験したような大けがで、今後の治療法は保存療法(リハビリのみ)と手術の2パターンが考えられますが、どうするかは本人が決めるということです。(仮に手術することになった場合、1年ほど休場して術後のリハビリを行うことになります。)

いずれにしろスポーツ選手としては大きな試練ですが、まだまだ若いですし、乗り越えて欲しいですね。

【関連記事】
・宇良関(
角界入り序の口優勝新十両昇進新入幕
・境川部屋の朝稽古(
2015年2016年2017年
・豪栄道関(
大関昇進秋場所を優勝優勝パレード

※「見島」さん、情報提供ありがとうございました!