2016年に閉店した旧イオンモール寝屋川の解体工事が始まるみたい。建物本体は2022年11月、高架橋などは2023年4月までの予定

旧イオンモール寝屋川の建物など(緑町)の解体工事が始まることが分かりました。

2016年8月の閉店から建物が残った状態が続いていましたが、約5年ぶりに大きな動きがあるようです。

解体工事が行われるという情報は、現地に掲示されたお知らせからです。4月18日(日)には周辺住民に対する説明会も行われた模様です。

※読者提供
※読者提供
※読者提供

説明会の開催前に周辺住民に配布された資料によると、イオンモール寝屋川の建物本体など(A〜Cの敷地)の解体工事の期間は、2021年4月下旬から2022年11月末までの約1年半。

国道170号線(外環状線)から立体駐車場に入る高架橋や南側の斜路などの撤去工事は2021年6月下旬から2023年3月末までとなっています。

高架橋の国道を横断する部分の撤去工事は交通量の少ない夜間に行う予定とのこと。

準備工事も含めた解体工事の期間は23ヶ月にも及びます。跡地の開発計画は不明ですが、解体工事が進めば1978年から見慣れた光景も変化しそうです。

【地図】

【関連記事】イオンモール寝屋川に関する記事
イオンモール寝屋川の閉店セレモニー(2016年8月)
閉店後も診療を続ける内科が閉院を発表(2019年2月)

※「御太門」さん、情報提供ありがとうございました!