旧イオンモール寝屋川の解体工事の進捗状況(2021年12月)。建物本体の解体がだいぶ進んでる

2016年8月に閉店した大型商業施設「イオンモール寝屋川」(緑町)の建物などを解体する工事が進められています。

※南東側から撮影

旧イオンモール寝屋川では仮囲いなどを設置する準備工事が2021年4月下旬から、解体工事が6月1日から始まっていて、その後の様子を定期的に取り上げてきました。

今回の記事でお伝えするのは、12月上旬に撮影した進捗状況です。

※南側から撮影

国道170号線(外環状線)からアクセスすると、防音シートに囲まれた立体駐車場が見えてきます。

※南側から撮影

右に曲がった先にあるかつての正面入口付近から中の様子を見ると、足場の向こう側で地上躯体の撤去(建物本体の解体工事)がかなり進んでいるのが分かります。

※南側から撮影
※南東側から撮影

敷地の東側は更地に近い状態になり、2ヶ月前とは大違いです。

※南西側から撮影

それに対して西側(線路側)は比較的建物が残っている印象を受けます。地上躯体の撤去は2022年3月に終了、同年2月からは並行して地下躯体の撤去が始まる計画です。

続いて高架橋を見ていきたいと思います。

国道170号線(外環状線)と立体駐車場を結ぶ部分が撤去済みなのは2ヶ月前と同じですが、

国道170号線から分岐した部分が撤去されたのが2ヶ月前との大きな違いです。

12月13日(月)から24日(金)の21時〜翌朝6時に立体駐車場横の高架橋の撤去作業が行われる予定とのこと。

※読者提供(周辺住民に配布された資料)
※読者提供(周辺住民に配布された資料)

イオンモール寝屋川の建物本体(A敷地)や周辺の建物(B〜Cの敷地)の解体工事の期間は、2022年11月末まで。高架橋や南側の斜路(D敷地)の撤去工事なども含めると、工事は2023年3月末まで続く予定です。

工事が進んだら、再びお伝えしたいと思います。

【地図】

【関連記事】イオンモール寝屋川に関する記事

※情報提供はこちら

DFP neya2_res_inread_1strec_all_124005