事業中の星田駅前線と第二京阪道路の交差部に信号ができるみたい

都市計画道路星田駅前線と第二京阪道路(国道1号バイパス)の交差地点に信号機が設置されるみたいです。

※京都方面を向いて撮影

「星田駅前線」は、星田北土地区画整理事業地(宅地、商業施設、大型物流施設などを整備する開発計画)を通ってJR星田駅と府道18号枚方交野寝屋川線を結ぶ道路。

※左右に通る道路が星田駅前線(枚方市高田に設置された看板より)
※星田北土地区画整理事業の完成イメージ(現地の看板より)

府道18号線側(ジョーシン東香里店の近く)が着工したのを2021年8月にお伝えしていますが、第二京阪道路との交差部も工事が始まったようです。

※京都方面を向いて撮影

国道1号バイパスの本線には京都方面行き、大阪方面行きの両方に左折・直進用の信号機が。

真ん中の高架下には右折専用の信号機が姿を現しています。

※大阪方面を向いて撮影

交差点の前後の区間では本線と側道の間で工事が行われています。現状のままだと本線と側道の両方に信号機が必要になるので、それを避けるための工事(交差点の手前で側道を本線に合流させる?)でしょうか。

交差点から府道18号線方面を向いた様子がこちら。

JR星田駅方面は、こんな感じ。

ジョーシンの前に設置されたお知らせによると、星田駅前線の事業施行期間は2023年3月31日まで。第二京阪道路付近はほぼ完成した状態になっているので、交差点が先に開通するのかもしれません。

第二京阪道路の交差点部分の信号機が稼働したら、再びお伝えしたいと思います。

【地図】

【関連記事】星田北区画整理事業に関する記事
「三井不動産ロジスティクスパーク大阪交野」の建設計画(2019年11月)
建設工事が進む「ニッセイロジスティクスセンター大阪交野」(2020年9月)
星田駅前に建設される商業施設に医療モールが入るみたい。区画整理事業地内、2023年4月開設予定(2021年4月)