寝屋川公園駅西口で建設されている「レ・ジェイド寝屋川公園」の外観が見えてきた。打上高塚町の13階建てマンション

寝屋川公園駅西口で建設されているマンション「レ・ジェイド寝屋川公園」の外観が見えてきました。

2020年9月末に街開きした打上高塚町土地区画整理事業地の一角にて、フレッシュバザール(2020年10月開店)、ココカラファイン(2020年10月開店)、大阪複十字病院(2021年7月開院)とともに計画された経緯があります。

※土地区画整理事業の竣工式で配布された資料

建設中のマンションの場所は土地区画整理事業地の東側です。

JR寝屋川公園駅から向かうと、旧府道20号線の交差点を越えたところです。

※フレッシュバザール前から撮影

反対側の梅が丘方面を振り返ると、こんな感じ。

隣には機械式の駐車場のようなものが姿を見せつつあります。

向かい側ではプレハブのマンションギャラリーが解体されていました。

公式ホームページによると、足場が解体され始めたのは8月下旬のことで、現在上層階の内装工事、外構工事及び共用部工事が進められている段階です。

「レ・ジェイド寝屋川公園」は日本エスコン(本社:東京都港区)が開発した地上13階建てのマンション。住居用の60戸は完売し、1階部分には店舗の入居も予定されています。

入居の開始は2021年12月を予定しているとのこと。

【地図】

【関連記事】
建設中の大阪複十字病院の様子(2020年7月)
打上高塚町土地区画整理事業が竣工(2020年9月)
大阪複十字病院の建物がほぼ完成してる。大阪病院が改称して7月に移転開院予定(2021年4月)