都市計画道路梅が丘高柳線の一部区間が暫定的に開通してる。東行きの一方通行で

明和で事業中の都市計画道路梅が丘高柳線の一部区間が、東行きの一方通行で暫定的に開通しました。

明和交差点側(まつのき公園の近く)の工事が遅れているのを受け、国守神社付近〜府道20号枚方富田林泉佐野線(旧道)の区間のみ先に通れるようになったようです。

※赤い破線の部分

明和交差点側から部分開通後の様子を見ていきたいと思います。

↑直角カーブ付近の道路用地がフェンスに囲まれた状態なのは、これまでと変わらず。

↑右側の道路で迂回して奥に進むと、

↑左脇から入れるようになっています。

↑そのまま真っすぐ進むと、右側に高架橋が現れます。こちらが開通した都市計画道路です。

↑高架橋は道路幅が狭められて一方通行になっています。

↑自転車は高架橋、歩行者は側道を通れば良いみたいです。

↑そのまま開通した道路を真っすぐ進むと、府道20号枚方富田林泉佐野線(旧道)の交差点につきあたります。

↑明和交差点方向を振り返ると、こんな感じ。

↑交差点の東側は、現在用地買収が進められている段階のようです。

現段階の利用者は地元の住民に留まるようですが、全線開通すれば交通量も増えるのではないでしょうか。

未開通区間の工事が進んだら、再びお伝えしたいと思います。

【地図】

【関連記事】都市計画道路梅が丘高柳線に関する記事
・道路工事(2015年3月2019年6月2020年6月
明和の上垣内遺跡の現地説明会(2015年7月)