大阪病院の病棟が解体されてる。移転に伴い6月に閉院した病院

6月末まで診療を行っていた大阪府結核予防会大阪病院(寝屋川市寝屋川公園)の病棟が解体されています。

寝屋川公園駅西口(打上高塚町)に移転して大阪複十字病院に改称されたのに伴う措置で、8月に解体工事が着工しました。

※2021年7月撮影

解体工事着工前の様子は、こんな感じ。

数ヶ月が経過して樹木が伐採されるとともに、病棟同士をつないでいた建物が解体されているのが分かります。

正面から見ると、裏側から解体されている状態です。

足場が設置されつつある病棟もあるようです。

着工前に設置されていた看板によると、解体工事の期間は2022年9月まで。解体工事が終わるまでまだまだ時間がかかりそうです。

工事が進んだら、再びお伝えしたいと思います。

【地図】

【関連記事】

※「ポポンタ」さん、情報提供ありがとうございました!(情報提供はこちら