小路南町でつくってた「高宮ポンプ場」の建物が完成してる。電気設備工事の段階みたい

小路南町でつくっていた「高宮ポンプ場」の建物が完成しています。

↓こちら

シールドマシンが発進する前の2018年2月に起工式が行われました

地図ではここ↓


場所は第二京阪道路と国道170号線(外環状線)の讃良川交差点の近くです。

すぐ横には讃良川が流れています。

ゲートの向こう側には、ピンク色の建物が。パンフレットによると、建物の中にはポンプ室や沈砂池などがあるようです。

高宮ポンプ場整備事業は、旧国道170号以東の丘陵地の雨水を讃良川へ排水させるための事業。

2018年の起工式で展示されていた地図

高宮ポンプ場とポンプ場へ送る雨水管を整備することで、地盤が低い地域への雨水の流入を防ぎます。

寝屋川市の公式サイト↓


寝屋川市によると、雨水管のシールド工事は2020年12月、ポンプ場の土木建築工事は2021年9月に完成。

2022年4月末時点では、電気設備工事の完成が2022年7月、ポンプの運転開始が2022年12月の予定と発表されていました。

現地の看板によると、電気設備工事に遅れが出ているようです。

最新の予定は不明ですが、場内工事や緑地整備工事も含めた全体の工事は、2022年4月末の情報では2023年6月の完成予定みたいですよ。

関連リンク

※情報提供はこちら