二中の横で「古川雨水幹線バイパス管工事」が始まってる。トンネル発進基地になるみたい

池田西町で「古川雨水幹線バイパス管」の工事が始まっています。

↓こちら

手前のフェンスで囲まれた部分で、奥が解体中の市立総合センター。この場所には6月30日まで保健福祉センターの駐輪場がありました

地図ではここ↓

府道149号線沿い。大阪府寝屋川市池田西町27あたりが住所です。

ちょうど第二中学校と解体中の市立総合センターの間の部分です。

工事中の敷地内には重機が。

数ヶ月前までコインパーキングだった府道の向かい側には、工事の事務所のようなものも。

現地には工事の告知看板が設置されています。

市役所の告知ページ↓

寝屋川市によると、古川雨水幹線バイパス管工事は、寝屋川市西部地域の雨水が集中する古川水路の雨水流量の負担を軽減するために、府道149号線の地下にトンネルを掘る事業。

下流側を向いて撮影した写真。第二中学校前〜西小学校前〜中神田町の約1880mは、直径2.4mのトンネルが。

上流側を向いて撮影

第二中学校前から桜小学校前までの約450mは、直径1.0mのトンネルが掘られる予定です。

このバイパス管が完成すれば、下流の萱島ポンプ場へ効率的に雨水を集められるようになるみたいです。

駐輪場の復旧なども含めた工事全体は、2025年7月末に終了する予定とのこと。


◆関連リンク

※情報提供はこちら