豪栄道関と鶴竜関が敗れて朝乃山関の優勝が決定!寝屋川市出身の豪栄道関は直接対決で大関の意地を見せることができず

大相撲夏場所(両国国技館、5月12日~26日)の14日目(5月25日)に寝屋川市出身の大関・豪栄道関(32歳、境川部屋)が前頭8枚目・朝乃山関(春日野部屋)に敗れ、結果的に優勝を許す形となりました。

P1870734
※資料写真(2016年10月の優勝パレード)

この日の豪栄道関(4敗)は優勝候補の朝乃山関(唯一の2敗)と対戦し、寄り切りで黒星。

続いて3敗の横綱・鶴竜関が敗れたため、トランプ大統領が観戦する千秋楽(15日目の最終日)を待たずに朝乃山関の優勝が決定しました。

〈優勝〉
・12勝2敗:朝乃山関(前頭8枚目)

〈主な力士の勝敗〉
・10勝4敗:鶴竜関(横綱)、栃ノ心関(関脇)、玉鷲関(前頭3枚目)
・9勝5敗:豪栄道関(大関)、阿炎関(前頭4枚目)、鶴電関(前頭5枚目)、明生関(前頭7枚目)、正代関(前頭7枚目)、志摩ノ海関(前頭12枚目)、大翔鵬関(前頭16枚目)

既に勝ち越しを決めていたとはいえ、大関としての意地を示すことができなかった豪栄道関。千秋楽は2桁勝利を飾れるように白星で終えて欲しいものですね。

【関連記事】
・宇良関(角界入り序の口優勝新十両昇進新入幕
・境川部屋の朝稽古(2015年2016年2017年) 
・豪栄道関(大関昇進秋場所を優勝優勝パレード


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
香里園駅周辺エリア
寝屋川市駅周辺エリア
萱島駅周辺エリア
寝屋川公園駅周辺エリア


YouTube公式チャンネル

最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード