打上川治水緑地で開催された「ねやリンピック2021」の様子。ボルダリングや段ボール迷路などが登場

打上川治水緑地で「ねやリンピック2021」というイベントが10月17日(日)、開催されました。

毎年秋に打上川治水緑地で行われているエンジョイフェスタが新型コロナウイルスの影響で中止になりましたが、寝屋川青年会議所が「寝屋川の子供達に何かできることはないか」と考えて企画されたイベントです。

※寝屋川青年会議所提供

3歳児以上を参加の対象とし、感染予防対策を行いながら開催されたようです。

取材に訪れたのは12時40分ごろ。受付の片付けが始まっていたぐらいの時間帯です。

順番に見ていきたいと思います。

右端にあったのは、滑り台です。小さな子供に人気だったようです。

こちらは段ボール迷路です。

中は迷路になっていました。なかなかゴールにたどり着くのは難しそう。

最もインパクトがあったのがボルダリングチャレンジです。今年の東京オリンピックで正式種目として採用されたボルダリングが体験できます。

左側で体験して右で挑戦する流れになっていたようです。本格的なボルダリングで子供達はどこに手足をかけるかを試行錯誤している様子でした。

この日は寒空ながらも天気がよく、子供達が外で体を動かしながら楽しむ良い機会になったみたいですよ。

【地図】

【関連記事】寝屋川青年会議所のイベント

※情報提供はこちら