大利神社で行われた「茅の輪くぐり」。八の字に3回通って新型コロナの収束などを祈願

大利神社で「夏越の大祓式」が6月30日(木)、行われました。

「夏越の大祓式」(なごしのおおはらえしき)は、これから暑い夏を迎えるにあたり、茅萱で作った「茅の輪」を八の字にくぐり、悪疫退散などを祈る神事です。

大利神社では1週間ぐらい前から「茅の輪」が置かれていました。

大利神社で神事が始まったのは6月30日(木)の14時ごろ。

神主の方が本殿の中で祈祷したり、本殿の前に設置された茅の輪などを祈祷したりします。

祭典が終わると、神社の関係者や一般参列者が茅の輪くぐりを始めます。

1回目は茅の輪をくぐって左にぐるっと回ります。

境内には1回目が終わって2回目を待つ大勢の人の姿が。

2回目はくぐってから右にぐるっと回ります。

3回目は再び右に八の字です。

茅の輪くぐりが終わると、次は「お祓いの詞」の読み上げです。読み上げは火をくべながら続けられ、神事は15時頃に終了しました。

この日は友呂岐神社や八坂神社などでも「茅の輪神事」が行われた模様です。

新型コロナウイルスの収束を願ってか、市内各地の神社に多くの人が訪れたみたいですよ。

【地図】

【関連記事】大利神社の記事
・節分祭(2019年2020年2021年
・茅の輪が登場(2020年2021年

※情報提供はこちら