【秦町の女性監禁死事件】両親を監禁と保護責任者遺棄致死の罪で起訴。

寝屋川市秦町の民家で33歳の女性の遺体が見つかった事件で、女性を放置して死なせたとされる両親が監禁と保護責任者遺棄致死の罪で起訴されたことが分かりました。

P1220824
※資料写真(寝屋川警察署、2014年9月撮影)


新聞などで報道されています。



自宅に監視カメラの映像を記録したDVDなどが見つかっていたことから、大阪地検は2つの罪で立件が可能と判断したようです。

処分保留としていた死体遺棄容疑については不起訴処分になったことも同時に伝えられています。


【地図】

【関連記事】
・高柳の死体遺棄事件(自首母親を逮捕
・秦町の女性監禁事件(事件の発覚死因が判明両親を再逮捕