【衆院選速報】希望の党・樽床伸二氏が比例区で当選確実!5年ぶり6回目の当選

第48回衆議院議員選挙の投票が10月22日(日曜日)20時に締め切られ、希望の党の樽床伸二氏が当選確実(朝日新聞の開票速報による情報)としました。

P2220378

樽床伸二氏(wikipedia)は比例区の近畿ブロックで単独立候補(小選挙区は立候補せず)していて、「希望の党」の名簿の最も高い位置に名前が掲載されていました。(2016年4月に民進党を離党して以来、無所属として活動していましたが、選挙前に入党。)

2度の落選を経て、今回が5年ぶり6回目の当選となります。(自民党が与党に復帰してからは初の当選です。)

①樽床伸二(たること しんじ、58歳、希望・元職)
・元総務大臣(民主党政権時代)
・寝屋川市立西小学校、第五中学校出身
公式ホームページ

自民、維新、共産の3極による争いとなっている小選挙区(大阪12区)については、まだ当選確実者が判明していないようです。記事作成時点での開票状況は、以下の通りです。(開票率7%)

①藤田文武(ふじた ふみたけ、36歳、維新・新顔)
・4600票
・比例区で重複立候補

②北川知克(きたがわ ともかつ、65歳、自民、前職)
・4400票
・比例区で重複立候補

③松尾正利(まつお まさのり、58歳、共産・新顔)
・3200票

※敬称略 

こちらも当選結果が分かり次第お伝えしたいと思います!

~23時50分補足~

大阪12区は自民党の北川知克氏が当選確実としました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【関連記事】
・2014年の衆議院選(
候補者や投票場所 / 当選者速報) 
・2015年の府議会議員選(
公示当選者速報) 
・2015年の市長・市議会議員選(
公示 / 当選者速報) 
・2017年の衆議院選(公示候補者の振り返り