守口市駅で架線にハンガーが引っかかる事案が発生。撤去作業後の13:29に運転を再開したみたい

京阪守口市駅(2番線の京都方)で架線にハンガーが引っかかっているのが3月25日(木)昼ごろ、発見されました。

※1月に撮影した資料写真(守口つーしんより)

電車の運行に支障をきたすため京阪本線(淀屋橋駅〜三条駅)・鴨東線(三条駅〜出町柳駅)・中之島線(天満橋駅〜中之島駅)の運転を一時的に見合わせ、撤去作業が行われた模様です。

13時29分に運転を再開したものの、電車に遅れが発生しています。これから京阪電車を利用される方は、ご注意を。

最新かつ詳しい運行状況を知りたい方は、京阪電車の公式ホームページをご覧ください。

〜補足〜

ハンガーはカラスが巣を作るために置いたようです。

【関連記事】
古川橋駅で人身事故が発生。18時台の淀屋橋駅の様子(2017年7月)
・萱島駅で発生した人身事故(2017年9月10日2018年2月1日2018年5月6日
萱島駅でパンタグラフが大破するトラブルが発生(2018年7月30日)