寝屋新町の「炭火焼肉工房 いろり屋」に精肉店「肉まさ」が併設されてる。「肉まさ弁当」などをテイクアウトしてみた【ねやつーグルメ】

寝屋新町の焼肉店「炭火焼肉工房 いろり屋 寝屋川店」に精肉店の「肉まさ」が開店しています。

2ヶ月以上の改装期間を経て「いろり屋」が4月26日にリニューアルオープンしたのを4月30日の記事でお伝えしていますが、遅れて精肉店が併設された形です。

お店の場所は寝屋川市街から府道18号枚方交野寝屋川線を交野方面へ行き、北かわち皐が丘高校の手前(シャ・ノワール寝屋川店の北隣、八志の向かい側)まで来たところです。

打上川治水緑地方面を振り返ると、こんな感じ。

こちらが4月にリニューアルオープンした「いろり屋」です。

「肉まさ」は「いろり屋」の左側(改装前に「いろり屋」の座敷席だったところ)にオープンしました。

店内に入ります。

店内では様々な種類のお肉だけでなく、お弁当や唐揚げ、コロッケ、キムチなども販売されています。

隣の「いろり屋」でもテイクアウト販売が行われていますが、「いろり屋」が調理後の決まったメニューなのに対して「肉まさ」は生肉の単品だけなど、色々な買い方ができるようです。

お弁当のテイクアウトメニューは、ご覧の通りです。

今回は「肉まさ弁当」(税込み993円)と「若鶏モモから揚げ」(税込み302円/3個)、「肉まさコロッケ」(税込み140円/個)を注文してみました。それがこちら。

お弁当のお肉は黒毛和牛を使用していて、とても柔らかい。本格的なお肉を自宅で堪能できるという幸せ。

唐揚げは2個分に相当する大きさがあり、とても食べがいがあります。コロッケも黒毛和牛と秘伝のタレで味付けされているのが特徴です。

運営元の「炭火焼肉工房 いろり屋」は、A4クラス以上の黒毛和牛を中心とするお肉や韓国産の唐辛子を使用したキムチ、自家製一品料理・食材などを扱うお店です。

3度目の緊急事態宣言が発出されているため当分の間は17〜20時(ラストオーダー19時半)のみの営業(アルコールの提供もなし)ですが、ランチ営業の再開も予定しているとのこと。

【地図】

【関連記事】
焼肉店「いろり屋 寝屋川店」が改装のため休業中(2021年2月)
焼肉店「いろり屋 寝屋川店」がリニューアルオープン(2021年4月)