お好み焼き店の「喜ノ家」が香里ダイエー本通商店街に移転してる。『明太子チーズもんじゃ焼き』を食べてきた

お好み焼き店の「喜ノ家」が香里南之町内で移転しています。

移転前は香里園駅から三中方面に100mほど南下したところにありましたが、京阪本線連続立体交差事業の進捗に伴い、立ち退くことになりました。

新店舗の場所は香里ダイエー本通商店街の中ほどです。

香里園駅方向を振り返ると、こんな感じ。

餃子の王将おたからやのある香里プラザの1階を奥に進み、右手にあります。

店内に入ると、鉄板付きのカウンター席とテーブル席があります。

メニューは「不動の定番」(お好み焼き、モダン焼き)、「評判の粉モン」(広島焼き、ねぎ焼き)、「期待の実力者」(ソバオコ)、「小粋な麺類」(焼きそば、焼きうどん)などの名前で分類されています。

「真打ち・変わり種」に『豚キムチ・ぽてべー(ポテト・チーズ・ベーコン)』、『もちべー(もち・チーズ・ベーコン)』などのメニューが、「華の鉄板焼き」に『ゲソ塩焼き』『山芋ステーキ』などのメニューがあるのが印象的でした。一口にお好み焼きと言っても、種類が多くてびっくり。アルコールも注文できます。

今回は「噂の人気者」の『明太子チーズもんじゃ焼き』(各1000円、ハーフ各650円)を食べてみることにしました。(移転リニューアルキャンペーン中の取材時:1000円→500円)

注文すると、店員さんがカウンター内の鉄板で具材を焼き始めます。

具材がある程度温まったら汁を注ぐわけですが、ヘラの動きが速すぎて全く綺麗に撮れません(笑)プロの技ですね。

もんじゃ焼きの上には、明太子チーズが乗っています。明太子チーズの良い香りが自分の席まで漂ってきます。これを注文時にもちチーズコーン、豚キムチ、海鮮、ツナコーンにすれば、どのような香りになるのかという想像が膨らみます。

焼き上がってきたら、ヘラで好みのサイズに切って自分のお皿に移していきます。鉄板からはがしたお焦げのようなもの(もんじゃ焼きの上にのっているやつ)も一緒に食べられます。

もんじゃ焼き本体はやや粘った状態(お好みによりヘラを押さえつけて加熱します)なのに対して、お焦げの部分はカリッとした食感で、2種類の楽しみがありました。

今回は「明太子チーズもんじゃ焼き」の紹介でしたが、他にも色々なメニューがあるので、また訪れてみたいものです。

【お店情報】

・店舗名:喜ノ家
・住所:大阪府寝屋川市香里南之町26-13 香里プラザ105
・営業時間:18:00〜24:00
・定休日:水曜日
・電話番号:072-392-2750
・駐車場:なし
・外部リンク:公式ホームページ食べログ
※記事作成時点の情報です。

【地図】

【関連記事】

※情報提供はこちら