成田町に「いちご研究室」がオープンしてる。苺を水耕栽培するショールーム。苺の加工商品の販売も

成田町に「いちご研究室」のショールームができています。

株式会社いちご研究室(本社:大阪市天王寺区)は水耕栽培による完全無農薬の苺や野菜を生産・研究している会社で、こちらのショールームは12月にオープンしました。

※成田山境橋口交差点方面を向いて撮影

ショールームの場所は成田山不動尊(上の写真右手)の東側です。

反対側の末広町交差点方面を振り返ると、こんな感じ。すぐそこに成田町交差点が見えています。

ショールームの中はピンク色の空間が印象的です。部屋の右手(写真には写っていません)で水耕栽培されている苺には「夏野菜栽培用高輝度LED照明」が当てられています。

水耕栽培は土を使わず水と溶液(液体肥料)で植物を育てる方法で、いわば植物工場のようなものです。部屋の右側の水耕栽培はご紹介できない(おそらく企業秘密)のですが、カウンター上の小さなやつは撮影することができました。

苺を使った食品や石鹸類を購入することができます。(生の苺の購入は不可)

天気の良い日は前の駐車場でも販売しているようです。

食品は「いちごパウンドケーキ」(1080円)、「いちごサイダー」(216円)、「一苺一恵」(箱入り540円)の3種類。苺のエキスを配合した石鹸類は「ソープ」(660円)、「ボディーソープ」(1210円)、「ハンドクリーム」(770円)です。

屋内で栽培された苺は全て無農薬。加工品も着色料を不使用とのこと。

【地図】

【関連記事】

※情報提供はこちら