寝屋川市立図書館が7~8月上旬に臨時休館期間を設けるみたい。新中央図書館の開館準備のため

寝屋川市立図書館が7〜8月に臨時休館の期間を設定すると発表しています。

「新中央図書館」(仮称)が8月に開館するのに先立ち、各館でシステム入替工事や事務所移転などの準備作業が行われるための措置です。

臨時休館の期間は、以下の通りです。

<臨時休館の期間>
寝屋川市駅前図書館:7月1日(木)~8月1日(日)
中央図書館臨時図書室:7月19日(月)〜8月4日(水)
東図書館:7月19日(月)~8月1日(日)
・分室(東北・西北・西南・南):7月19日(月)~8月10日(火)

寝屋川市立図書館トップページより

休館期間は図書館によって異なり、最も長い寝屋川市駅前図書館では7月1日(木)〜8月1日(日)の1ヶ月間に及びます。

特に7月19日(月)〜8月1日(日)は全ての市立図書館が利用できないので、注意が必要です。web、返却ポストの利用可能期間などの詳しい情報を知りたい方は、寝屋川市の公式ホームページをご覧ください。

「新中央図書館」(仮称)は、アドバンスねやがわ1号館の4階に開館する予定の図書館です。

※アドバンスねやがわ1号館(2020年11月撮影)

2018年の大阪府北部地震で被災して休館している中央図書館(市立総合センター内)に代わる施設として期待されています。(現在判明している新中央図書館の情報はこちら

新中央図書館の開館日などの情報が分かれば、再びお伝えしたいと思います。

【地図】アドバンスねやがわ1号館

【関連記事】
市立総合センターの機能がイズミヤ寝屋川店の上階に移転する構想(2020年6月)
寝屋川市が市内の全27郵便局で図書の受取・返却ができるサービスを開始(2020年10月)
「ねやがわ電子図書館」のサービスを開始(2021年3月)