市民会館とアルカスホール。メインホールの座席数が多いのはどっち?【寝屋川クイズ#493】

朝から寝屋川市のことがもっと詳しくなれる「寝屋川クイズ」のコーナー!

今回のクイズはこちらです。

Q:メインホール(大ホール)の座席数が多いのはどちらでしょうか?

(1)寝屋川市立市民会館
(2)アルカスホール(寝屋川市立地域交流センター)
(3)ほぼ同じ

※両ホールが使用される寝屋川文化芸術祭

正解は、






(1)の「寝屋川市立市民会館でした!

寝屋川市立市民会館とアルカスホール(寝屋川市立地域交流センター)の公式ホームページにそれぞれのホールの施設案内が掲載されています。

それによると、両ホールの座席数は以下の通りです。

(1)寝屋川市立市民会館(公式ホームページ
・大ホール:1209席(1階:706席、2階:503席)
・小ホール:定員200人

(2)アルカスホール(公式ホームページ
・メインホール:359席(1階:228席、2階:131席)

※車いす席を含む

座席数は市民会館の方が圧倒的に多く、市民会館の2階席にアルカスホールの1~2階の座席がすっぽりと入ってしまうのが分かります。他にも楽屋や会議室などの広さも市民会館に軍配が上がります。

成人式やコンサートのような大規模なイベントを行う時は市民会館、駅前の立地を重視するならアルカスホールといった感じでしょうか。それにしても人口20万人規模で市立ホールが2つある自治体は珍しいかもしれません。

皆さんは正解しましたか…?

次回の寝屋川クイズも、お楽しみに!

【関連記事】

※情報提供はこちら