【コロナ対策】寝屋川市が「自主的なPCR検査」の費用を助成する施策を開始しているみたい

寝屋川市は、市民が自主的に行うPCR検査などに関する費用に対して助成を行う施策を10月1日から開始しました。

市の発表によると、気軽にPCR検査を受けられる体制を整備することで、市民の不安を解消するとともに、市内の感染拡大防止を図る狙いがあるそうです。

また、「発熱などの症状がないけれど感染の不安がある…」といった方や、定期的に検査を受けたい方、ワクチンが未接種で陰性証明代わりにPCR検査をしたいといった方などの、検査の際の費用負担を軽減する目的もあるとのこと。

< PCR検査費用助成の概要 >
◇ 助成対象者
発熱などの症状がなく、自主的なPCR検査等で検査費用を負担し、検査日及 び申請日において、次のいずれかに該当する人
・ 市の区域内に住所を有する人
・ 市の区域内に存する事務所又は事業所に勤務する人
◇ 対象となる検査
厚生労働省が無症状者に対するPCR検査等として活用できるとしている検査 ・ PCR検査
・ 抗原定量検査(※ 簡易キットによる抗原検査は対象外)

◇ 助成額
自費によるPCR検査等の検査費用(検査1回当たり上限10,000 円)
※ 受検者1人につき月2回分まで申請できます。
◇ 申請期間
令和3年10月1日から令和4年3月31日まで
※ 申請期間内に受けた検査が補助対象になります。
◇ 助成の流れ
1 検査機関等で検査
2 申請書と提出書類を郵送で提
3 市が指定の口座へ振込み

もっと詳しい情報については、寝屋川市のHPをご確認ください。

【関連記事】