寝屋川市がドローンスクールと災害時応援協定を締結。災害現場の撮影などで

寝屋川市とフラグシップス株式会社の2者が災害時のドローン(無人航空機)の活用で災害時応援協定を1月24日(月)、締結しました。

寝屋川市では現在、物資供給、放送・通信、医療救護の分野などで民間事業者と災害時応援協定を締結していますが、災害時にドローンで迅速な被災状況の把握や被災者の捜索ができるようにするため、同社と協定を結んだものです。

〈協定の内容〉
・ 災害時等における被災状況等の情報収集活動
・ 被災者の救助等の支援
・ 災害現場の撮影及び映像提供
・ 市が実施する防災訓練等への参加等

連携協定を結ぶにあたって締結式が1月24日(月)に行われました。

場所は寝屋川市役所です。

フラグシップス株式会社からは、岡部代表取締役社長やJUAVACドローンエキスパートアカデミー大阪枚方校の校長・教官らが出席。

寝屋川市からは広瀬慶輔市長や危機管理部防災課の職員が出席しました。

代表の2人による締結書のサインは、ドローンをそばに置いた状態で行われました。

サイン後の挨拶では、広瀬市長が「寝屋川市内には木造住宅の密集地や低地が広がっている」「大地震や浸水被害などが発生した時に上空から情勢が把握できるのは非常にありがたい」などとコメント。

フラグシップス株式会社の社長は「ドローンの分野は中国に遅れを取っているので、北大阪をドローンの先進地にしていきたい」「弊社がドローンを活用するお手伝いをさせていただく」などと応じました。

記念撮影後にはドローンの飛行実演が行われたわけですが、体験した広瀬市長は短時間でテレビカメラに向かって飛ばせるようになるなど、操縦が上手な様子でした。

寝屋川市は防災力の向上に向けて、今後も災害時応援協定を活用していくとのこと。

【関連記事】

※情報提供はこちら