寝屋川警察署とジェイコム北河内が協定を結んだみたい。「安全・安心で住みよいまちづくり」に関する相互協力

寝屋川警察署と、ケーブルテレビやインターネットなどを展開する「株式会社ジェイコムウエスト 北河内局」が、『安全・安心で住みよいまちづくり』に関する協定締結を結びました。

写真左:ジェイコムウエスト北河内局 所長 高雄 勝徳さん 右:大阪府寝屋川警察署 署長 辰谷 裕司さん
(締結式にて寝屋川つーしん編集部が撮影)

この協定は、「J:COM(ジェイコム)北河内」と「寝屋川警察署」が連携することで、 犯罪や事故のない『安全・安心で住みよいまちづくり』を推進する目的で行われたそうです。

特に、ここ近年は役所を騙って「還付金がある」と謳うような、高齢者を狙ったいわゆる『特殊詐欺』の被害が増加していることなどを受け、警戒を強化するとともに地域と連携した対策を講じる狙いもあるんだとか。

門真市末広町にある株式会社ジェイコムウエスト 北河内局

10月14日(木)にジェイコムウエスト北河内局で行われた締結式を見に行ってきました。

大阪府寝屋川警察署 署長の辰谷裕司さんからの挨拶内容は以下の通り。

お年寄りを狙い、「還付金がある」などど騙りATMに誘導するといった特殊詐欺が増加しています。それを防ぐために警官による警戒活動を強化していますが、最近は自治体、金融機関、企業などとも協力してさまざまな対策を講じています。
そんななか、「このような詐欺が横行している」といったことを多くの市民に知ってもらうことが何よりも大切だと感じており、よりいっそうの対策強化という意味で「J:COM北河内」さんのお力をお借りする運びになりました。
先月までは緊急宣言が発出されていたことなどもあり、街頭での啓発活動に制限があったので、ケーブルテレビで注意喚起の発信ができることはとてもありがたかったです。
今後もさまざまな防犯・安全対策を発信していき、地域一帯となって安全・安心に過ごしていけるまちづくりを推進していければと考えています。

香里園駅構内に貼られた特殊詐欺の注意喚起ポスター(2021年3月撮影)

続いてはジェイコムウエスト北河内局 所長の高雄勝徳さんの挨拶。

この度は寝屋川警察署と協定を結ぶことになり、大変光栄です。ジェイコムウエスト北河内局では北河内6市で各サービスを提供しているなか、『社会の期待に応える』という企業理念があります。
企業としてのサービスの向上はもちろんなのですが、地域の安全にいかに寄与していけるかという面も重要な使命だと感じています。

そういった意味で、今回の協定でよりいっそう関係を強化することができるのではと期待しています。
またジェイコムでは市民や中小企業、行政など、まちの人々に直接接点を持てるスタッフが数多く在籍しているためテレビでの発信だけではなく、直接注意喚起をしたり、チラシを配ったりといった密接な情報発信も可能ですので、そういった点は強みじゃないかなと考えています。
今後も正しい情報を、速やかにお伝えしていく所存です。

ご挨拶のあとは協定書の内容を確認して、お互いに渡し合っていました。これにて協定締結式は終了!

この協定締結式のようすは10月19日(火)18時〜放送のジェイコムチャンネル「ジモト応援!つながるNews」という番組で放映されるみたい。

寝屋川警察署

特殊詐欺は年々手口が巧妙になってきていて、普段はしっかりしている人でもうっかり騙される、といったことも珍しくないみたいです。

息子など身内のふりをして「お金が必要になった」と電話してくる、いわゆる『オレオレ詐欺』をはじめ、警官や金融機関などを騙って「口座が犯罪に使われているのでキャッシュカードを回収します」といった『預貯金詐欺』、役所や国の機関を騙り、医療費や税金などの「還付金があるので案内させてほしい」と言ってくる『還付金詐欺』などなど、手口はさまざま。

いずれの手口でもATMを操作させたり、コンビニで電子マネーを購入させたり、口座の暗証番号を聞き出したりと、お金につながるような行動をさせるのがパターンのよう。

こういった連絡があった際は、まずは落ち着いて、誰かに相談するほうが良さそうですね。

【関連記事】