寝屋川市がマンホール広告を募集するみたい。寝屋川市駅東口広場の5ヶ所が対象

寝屋川市が下水道マンホールを新たな広告媒体として活用すると発表しています。

※寝屋川市駅前のカラー化されているマンホール(東口のデッキ横)

寝屋川市は現在約3.3万個の下水道マンホールを管理していますが、その中でも人通りが多い場所にあるマンホールの広告掲載を募集するものです。

広告が募集されるのは、京阪寝屋川市駅と東口ロータリーの間の歩道にある5つのマンホールです。

現在タイル調になっているマンホールのふたの部分に、カラー広告が掲載できるのだとか。

寝屋川市によると、広告の募集期間は6月20日(月)から。この取り組みを通して、下水道施設の本来の役割とともに、地域の活性化や新たな魅力発信の可能性を期待しているとのこと。

詳しい情報については、寝屋川市の公式ホームページをご覧ください。

【関連記事】
マンホールカード第8弾に寝屋川市版が登場(2018年)
寝屋川市の下水道の総延長はどれぐらい?【寝屋川クイズ#210】(2021年2月)

※情報提供はこちら

DFP neya2_res_inread_1strec_all_124005