打上川治水緑地の桜のライトアップは中止が決定。開催予定から一転、中止は3年連続

2022年春に開催が予定されていた「ねやがわ桜ナイトパーク」事業の中止が1月19日(水)、発表されました。

イベントの企画運営業務を行う事業者を公募するなど昨年から準備が進められていましたが、国内における新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、開催を断念したということです。

「ねやがわ桜ナイトパーク」は、寝屋川市が桜の観光資源をPRする「サクラ☆プロジェクト」の取り組みとして2017年から始めたイベント。

※2017年の様子
※2017年の様子

アートディレクターが考案したLEDの光が打上川治水緑地の桜並木を照らすだけでなく、桜のライトアップ期間中に飲食物を提供する「桜カフェ」も用意され、多くの人で賑わいます。

2020年、2021年も新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になった経緯があり、これで3年連続です。

大阪府では19日(水)に6101人の新規感染が確認され、過去最多の記録とのこと。

【地図】打上川治水緑地

【関連記事】

※2017年3月25日の記事
※2018年3月30日の記事
※2019年3月28日

※情報提供はこちら