パナソニックパンサーズの選手が宇谷・石津小学校を訪問したみたい。バレーボール教室で子ども達と交流

男子バレーボールチーム「パナソニック  パンサーズ」の選手が寝屋川市立宇谷小学校と石津小学校を訪問しました。

※資料写真(枚方つーしんより)

大阪府が推進するトップアスリート小学校ふれあい事業の一環で、バレーボール教室を通じてスポーツの楽しさを共有したようです。

公式ホームページによると、6月15日(水)の宇谷小学校の回には深津英臣選手(32歳)、渡辺奏吾選手(31歳)、鈴木祐貴選手(25歳)の3人が訪問し、1年生約60人と交流しました。

6月21日(火)の石津小学校の回には鈴木祐貴選手(25歳) 、伊藤友健選手(22歳)に加えて、先日入団したばかりの西山大翔選手(19歳)も訪問。

この日は荒天でしたが、屋内競技のバレーボールを通じて子ども達とふれあったようです。

パナソニックパンサーズは1951年の創部以来、枚方市のパナソニックアリーナを本拠地とする男子バレーボールチームです。

ホームタウンの隣町の寝屋川市は、バレーボール選手を間近で見られる環境と言えるのではないでしょうか。

【関連記事】

※情報提供はこちら


DFP neya2_res_inread_1strec_all_124005