寝屋川市立学校で最も新しい体育館があるのは、何中?【寝屋川クイズ】

朝から寝屋川市のことがもっと詳しくなれる「寝屋川クイズ」のコーナー!

今回のクイズはこちらです。

Q:寝屋川市立学校で最も新しい体育館があるのは、何中学校でしょうか?

(1)第二中学校(池田西町)
(2)第五中学校(上神田2丁目)
(3)第七中学校(讃良東町)
(4)友呂岐中学校(日新町)

寝屋川市立小中学校の校舎や体育館は人口急増期の1960〜70年代に建てられたものが多いですが、2005年度に建てられた体育館を持つ中学校が寝屋川市内にあります。

その中学校はどこでしょうか。

※資料写真(選択肢にはない六中の体育館

正解は、






(3)の「第七中学校でした!

※第七中学校(2022年4月撮影)

寝屋川市学校園施設の長寿命化計画(PDFファイル)という資料のp.22~に、寝屋川市立学校園の全ての校舎・体育館の建築年度が記載されています。

その資料によると、第七中学校の体育館は2005年度に建てられたもので、市立学校の体育館で最も新しいです。第七中学校の公式ホームページの沿革にも「平成18年3月 新体育館竣成」と書かれているのが分かります。

第七中学校は1972年に現在の南小学校の校地(下木田町)で開校しました。翌年の1973年に南小学校と校地を入れ替える形で現在地(讃良東町)に移転した経緯があります。

第七中学校の旧体育館は、1972年の開校前(南小学校時代)から使われていた古い建物だった可能性が高そうです。(参考情報:第七中学校の校舎は古い順に1962、65、73、75年度建築)

皆さんは正解しましたか…?

次回の寝屋川クイズも、お楽しみに!

【地図】

【関連記事】

※2021年1月配信
※2020年10月配信

※情報提供はこちら

DFP neya2_res_inread_1strec_all_124005