萱島駅西口の日新商店街の隣接地で建物の解体工事が行われてる

萱島駅西口の日新商店街の隣接地(下神田町)で建物の解体工事が行われています。

1階にお店などが入居する木造家屋の密集地域でしたが、一帯が防音シートで覆われた状態になっています。

※高柳・池田方面を向いて撮影

↑工事が行われている場所は、府道149号木屋門真線沿い(京阪のガードの北西)です。

※大阪国際大学方面を向いて撮影

関西みらい銀行萱島支店前を曲がって日新商店街に入ると、左手の部分(スーパー「リアル」の斜め向かい)です。

※スーパーのリアル前から撮影

↑商店街の片側がなくなったような状態になっています。

解体後の跡地がどうなるかは不明ですが、萱島駅から近い立地を活かした開発が行われる可能性がありますね。(門真市内で進んでいる府道149号線の拡幅事業は東側に拡幅される計画のため、今回の解体工事は無関係と思われます。)

解体工事が終わって跡地の活用方法が分かれば、再びお伝えしたいと思います。

【地図】

【関連記事】
京阪のガード〜萱島生野病院で進む府道の拡幅工事(2020年4月)