希少動物「クスクス」などを密輸しようとした寝屋川の男が逮捕されてる

希少動物「クスクス」などを密輸入しようとした寝屋川在住の男が関税法違反(無許可輸入未遂)で逮捕されています。

LINK:絶滅危惧種を密輸未遂 容疑でブローカーら逮捕 大阪府警(2014年2月24日付 時事通信)
絶滅危惧種を密輸未遂 容疑でブローカーら逮捕 大阪府警逮捕されたのは、寝屋川在住の動物販売ブローカーの男(48)と、大阪市住吉区在住のコンピューター関連業の男(38)。1月23日に関西国際空港で、いずれも絶滅危惧種のハイイロクスクス4匹とマレーパームシベット2匹を運び屋の女に任せ、密輸しようとした容疑です。(ワシントン条約で輸出入が規制されている絶滅危惧種を輸入するには許可が必要。)

産経新聞の記事では、かわいいけど、笑えない!希少動物「クスクス」など密輸 容疑の男ら逮捕というタイトルで報道されていました。ハイイロクスクスは販売すると約30万円で売れるそうで、希少な絶滅危惧種にはこういったブローカーが暗躍するのでしょうね。

wikipediaによると、ハイイロクスクスはカンガルー目に属し、夜行性で主に木の上で生活するのだとか。分布はインドネシアとオーストラリア、パプアニューギニアに限られ、食用や毛皮の用途で乱獲されたという経緯があります。

ニュースが動画になっているものを発見しました。ハイイロクスクスも登場します。

日本に密輸入しようとしたのはペット需要でしょうか。希少動物を飼いたがる人の気持ちは全く分からなくもないですが、販売目的とのことなので、酌量の余地はあまりなさそうです。