大阪府内では初となるオミクロン株のクラスターが寝屋川市内で発生

寝屋川市内で、新型コロナウイルスのオミクロン株のクラスターが発生したと複数のメディアでニュースになっています。

大阪府の発表によると12月28日、40代~80代の男女4人に新たにオミクロン株への感染が確認され、そのうちの3人が寝屋川市内の施設利用者だったとのこと。

同施設ではすでに2人の感染が確認されており、今回あらたに3人の感染が発生したことから、大阪府内では初のオミクロン株のクラスターと認定されました。

感染者は全員軽症で、かつ今までに海外渡航歴がないことから市中感染が広がっていると見られます。

寝屋川市では先日、市立小学校の教職員への感染も確認されていますし、じわじわと身近なところに広がっていることが懸念されますね。

【関連記事】

※2021年12月の記事

※「カンガルー」さん、情報提供ありがとうございました!(情報提供はこちら