打上川治水緑地の北側で開発が始まってる。飲食店舗や物販店舗などを建設する計画

打上川治水緑地の北側(太秦桜が丘)で開発が始まっています。

2018年に民間企業から都市計画提案が出されているのをお伝えしたところで、ついに着工したようです。

※市役所・池田方面を向いて撮影

開発される場所は府道18号枚方交野寝屋川線沿い。

コナズ珈琲の周りです。

コナズ珈琲の東側では植物の伐採工事のようなものが。

コナズ珈琲の西側では重機による造成工事が始まっている様子でした。

この開発計画は2018年の時点(都市計画決定の前の段階)でコナズ珈琲の北東にA~D棟の建物(物販店舗、飲食店舗)と駐車場を、西側にセレモニーホールと駐車場を建設する計画になっていました。

※画像が拡大したので画質が悪いです。

予定建築物の看板を見る限り、その後も大きな変更点はないようです。

開発工事が進んだら、再びお伝えしたいと思います。

【地図】

【関連記事】

※「ねや子」さん、情報提供ありがとうございました!(情報提供はこちら