八幡神社の境内に広がる約450本のアジサイ。産経新聞でも記事に【寝屋川フォト】

八幡神社の境内でアジサイ(紫陽花)の花が咲いています。

昨年の5月6月にもお伝えしている梅雨の風物詩です。

八幡神社のアジサイ園は、境内を進んで本殿の手前まで来たところにあります。

山の斜面に向かって白やピンク、紫、水色の花が咲いています。

斜面に遊歩道のようなものがあり、アジサイ畑の中に入っていけます。日除け?のパラソルも設置されています。

6月14日(火)に近畿地方の梅雨入りが発表されましたが、梅雨らしい光景を目にすることができましたよ。

※八幡神社の本殿(左が細屋神社の本殿)

産経新聞(6月15日配信)によると、このアジサイ畑は2012年の火災で消失した本殿の再建(2014年)を機に、2017年から地域住民が持ち寄って植栽したものです。

2018年9月の台風21号で境内の樹木が倒れる被害を受けてからは更に増え、アジサイは現在約450本あるとのこと。

【地図】八幡(はちまん)神社

【関連記事】
燃失した八幡神社が再建されてる(2015年1月)
八幡神社で台風20号の倒木の撤去作業が行われてる(2018年9月)
細屋神社が八幡神社の境内に移築されてる(2020年10月)

※「7Nan」さん、「hiro3」さん、情報提供ありがとうございました!(情報提供はこちら

DFP neya2_res_inread_1strec_all_124005