寝屋川市駅前で始まった「イルミネーション2022」。デッキの植え込みにはハロウィンの飾り付けも

京阪寝屋川市駅前でイルミネーションの点灯が今日10月1日(土)から始まっています。

アドバンスねやがわによると、コロナ禍に元気を与える駅前の「にぎわい創出事業」として企画されたもので、今年度で4年目を迎えたよう。

今回の記事では、9月30日(金)に1時間ほど行われた試験点灯の様子を紹介していきたいと思います。

まずはバスロータリーから。

屋根から黄金色に輝く電飾が吊るされています。

植え込みの様子↓

周辺の植え込みもキラキラ。

木のイルミネーションは様々な色に変化していました。


アドバンスねやがわ1号館の外壁↓

こちらも時間の経過とともに、青〜オレンジ系統のライトアップが楽しめました。


続いてアドバンスねやがわ2号館周辺の様子↓

噴水や外階段付近には、丸い光り物が。

後ろには「NEYAGAWA」の文字もあるので、記念撮影に最適なエリアなのではないでしょうか。

デッキの上↓

イルミネーションはデッキの上でも行われていました。南改札口を出ると、幻想的な光景が目に飛び込んできそうです。

ハロウィンの飾り付け↓

デッキの植え込みに設置されたかぼちゃの飾り付けが可愛いらしいです。11月になると、クリスマスの飾り付けに変わる予定なのだとか。



主催者のアドバンスねやがわによると、これらのイルミネーションを監修したのは、御堂筋イルミネーションや打上川治水緑地の桜のライトアップにも参加した「LEM空間工房」です。

他にも様々な団体や会社が協賛しているみたいですよ。

イルミネーションの点灯期間は、ハロウィンとクリスマスの期間を含む2022年10月1日から2023年1月11日まで。点灯時間は17時30分から24時までですが、期間中点灯時間を変更予定とのこと。

◆関連リンク(2021年度のイルミネーション)

※2021年10月配信
※2021年11月配信
※2021年9月配信

※情報提供はこちら