サークルKとサンクス。寝屋川市内で店舗数が多かったコンビニはどっち?【寝屋川クイズ#349】

朝から寝屋川市のことがもっと詳しくなれる「寝屋川クイズ」のコーナー!

今回のクイズはこちらです。

寝屋川クイズ#349

Q:寝屋川市内にあったコンビニのサークルKとサンクスは、どちらの店舗数が多かったでしょうか?

(1)サークルK
(2)サンクス
(3)同じ

サークルKとサンクスはもともと別々の会社が運営するコンビニでしたが、合併するかたちで「サークルKサンクス」に。その後、ファミリーマートと経営統合する形で2018年11月までに「サークルKサンクス」は消滅しました。

かつて寝屋川市内にあったサークルKとサンクスを比較すると、どちらの店舗数が多かったでしょうか。(2017年5月時点の店舗数で比較します。)

正解は、






(1)の「サークルK」でした!

サークルKサンクスがファミリーマートにブランド統合される直前(2017年5月)の店舗数を比較すると、以下の通りです。

(1)サークルK:3店舗
寝屋川黒原橘町店
寝屋川寿町店
寝屋川点野店
(2)サンクス:2店舗
寝屋川三井南店
寝屋川マルハン店

サークルKとサンクスは元々別の企業でしたが、経営統合後も両方のブランドが使われていた経緯があります。関西では両方とも多く見られ、寝屋川市内ではサークルK(3店舗)がサンクス(2店舗)をわずかに上回っていたようです。

寝屋川市内にあったサークルKサンクスは寝屋川寿町店が閉店したのを除き、全ての店舗がファミリーマートにブランド変更されて現在に至ります。

皆さんは正解しましたか…?

次回の寝屋川クイズも、お楽しみに!

【関連記事】
寝屋川市で最も多いコンビニは何?【寝屋川クイズ♯1】(2020年7月)