京阪3000系に「鋼の錬金術師」と「京都地下線開通35周年」のヘッドマークが掲出されてる

京阪電鉄の3000系車両に「鋼の錬金術師展RETURNS」のヘッドマークが3月12日から掲出されています。

ヘッドマークの掲出はひらかたパークで開催中の「鋼の錬金術師展 RETURNS」をPRしたもので、京阪電鉄の発表によると1編成しか走っていないみたいです。

先日寝屋川市駅を利用すると、「ハガレン」のヘッドマークをつけた3000系(Wikipedia)をたまたま見かけました。

ヘッドマークのデザインは京都方と大阪方で異なり、ドアの横にもステッカーが貼られている様子でしたよ。

「ハガレン」のヘッドマークは6月26日(日)まで掲出される予定とのこと。

また3000系では、京都地下線(七条駅〜出町柳駅)開通35周年を記念したヘッドマークが5編成に掲出されています。

京阪電鉄の発表によると、こちらのヘッドマークの掲出期間は5月21日(日)から7月31日(日)までの2ヶ月間とのこと。

<これまでに記事化したヘッドマークの記事>
守口市×ももいろクローバーZ(2022年5月、守口つーしん)
10000系20周年(2022年4月)
13000系10周年(2022年4月)
9000系25周年(2022年3月)
パナソニックパンサーズ(2022年2月)
3000系プレミアムカー1周年(2022年2月)
開業111周年記念(2021年4月)
開業110周年記念(2020年6月)
8000系誕生&鴨東線開業30周年記念(2019年10月)
7200系30周年、2200系55周年記念(2019年8月)
平成と令和(2019年4月)

【関連記事】

※「7Nan」さん、情報提供ありがとうございました!(情報提供はこちら