摂南大生が寝屋川市駅前でトンガ大規模噴火の募金活動をしてた。ラグビー部にいる留学生の故郷を支援

摂南大学課外活動団体の学生らが「トンガ募金プロジェクト」として、3月11日(金)に寝屋川市駅前で街頭募金活動を行いました。

摂南大学のリリース(3月8日)によると、この募金活動は1月の大規模海底噴火で被災したトンガを支援するために企画されたものです。

タグラグビーの体験会の記事(2021年12月)より

ラグビー部に2人いるトンガ人留学生の家族に被害はなかったものの、留学生の故郷を少しでも応援したい思いがあるのだとか。

※西口
※東口

この日に寝屋川市駅前で行われた街頭募金活動は、西口と東口の二手に分かれて行われました。

人通りがまだ少ない時間帯(16時台)でしたが、学生らは駅前を歩く人に募金を呼びかけている様子でしたよ。

街頭募金活動は来週、再来週にも行われる予定です。

<街頭募金活動の今後の予定>
・3月17日(木):香里園駅前(16〜17時)、樟葉駅前(10〜11時)
・3月24日(木):寝屋川市駅前(16〜17時)
※募金活動は学内でも行われています。

集まった募金は日本赤十字社などへの全額寄付を通じて、現地支援へとつなげていきたいとのこと。

【地図】摂南大学

【関連記事】

※「7Nan」さん、情報提供ありがとうございました!(情報提供はこちら