大利橋前の「宮本むなし」が入っていたビルが解体されるみたい。府道18号線の拡幅事業で

寝屋川市駅西口にある2階建てのビルが解体されることが分かりました。

※両方の道路側に「宮本むなし」の入口がありました。

場所は大利橋の南西角で、昨年末まで定食屋の「宮本むなし」が入っていたL字型の建物です。(手前の更地の部分にあった別のビルは昨年末に解体済み

大利橋から高柳方面を見た様子がこちら。

反対側を振り返ると、こんな感じ。大利橋の向こう側に京阪寝屋川市駅が見えています。

※駅前の看板より

この場所は府道18号線拡幅事業の用地にかかっているため、今回の解体もその影響によるものと思われます。

現地にあったお知らせによると、解体工事の期間は2022年3月23日から同年5月31日までを予定しているとのこと。

解体工事が終われば、寝屋川市駅からの見え方も大きく変わりそうです。

【地図】

【関連記事】

※情報提供はこちら