香里園駅南側の踏切横に「だし道楽」の自販機が設置されてる。香里園では2つ目

京阪香里園駅南側の踏切横(香里南之町)に「だし道楽」の自動販売機が設置されています。

香里本通町の坂道大和田駅前などにあるものが、香里園駅西口にも設置された形です。

※証明写真の裏側

新たに設置された場所は香里園駅から香里ダイエー本通商店街を南へ行き、つきあたりまで来たところです。

反対側の駅方向を振り返ると、こんな感じ。

※2021年8月撮影(写真左)

2021年8月に撮影した写真にも写っている通り、以前は飲み物の自販機が設置されていました。

ペットボトルを販売するのは今も同じですが、その中身が異なります。上の段は焼きあごや昆布が入った出汁を、下の段は宗田節入りの出汁を販売しています。公式ホームページによると、ペットボトルの中の焼きあご(トビウオを炭火で焼いたもの)などは、工場のスタッフさんが手作業で入れたものなのだとか。

外国人の購入者が間違って飲まないようにするためでしょうか。取り出し口付近に「Do not drink. This is a soup stock.」という注意書きがあります。

ペットボトルに入った出汁はそのまま使うのも良し、7〜8倍で薄めてうどん出汁として使うのも良いそうです。だし道楽の公式ホームページに様々な使い方が紹介されているので、関心のある方はぜひ。

※香里本通町の自販機
※香里本通町の自販機(府道21号線方面を向いて撮影)

前述した通り香里本通町の自販機オンラインショップでも買えますが、駅前に置かれたことで買いやすくなったのではないでしょうか。

近隣では枚方市駅にも最近になってから設置されたみたいですよ。

【地図】

【関連記事】

※「にいな」さん、情報提供ありがとうございました!(情報提供はこちら