外島橋→大利橋の道路の一部区間が5月中旬から合計1年近く通行止めになるみたい。迂回用の仮橋がまもなく開通

寝屋川市駅前の川沿いを香里園方面に進む「寝屋川右岸線」が、2021年5月中旬から2022年7月まで合計すると1年近く一部の区間が通行止めになるようです。

寝屋川右岸線から香里園方面を向いて撮った写真。ちょうど快活CLUB〜宮本むなしの前辺りが通行止めになる部分です。

代わりに写真右側の緑のフェンスがある部分に仮橋がかかります。

そのため、現地には迂回を促す看板が設置されています。

↑こちらがその看板。これによると大利橋の架替工事のため、一部通行止めの区間が発生するみたいです。

この図によると、大利橋西詰交差点で左に進みたい場合(府道18号線仁和寺方面)、仮橋を経由して大利橋からぐるっと回る形で進めそうです。

しかし、大利橋西詰交差点を直進したい場合(桜木橋〜香里園方面)、仮橋を経由しても交通ルールで右折できないため、平池町の交差点の方まで大きく迂回しないといけないようです。

寝屋川せせらぎ公園より撮影

こちらが現在建設中の仮橋。すでにガードレールなども設置されており、間もなく開通しそうな感じでした。

大利橋

大利橋の架替はいままでに何度かお伝えしている通り、府道18号線を拡幅する都市計画道路対馬江大利線の整備事業の一環です。

計画によると通行止めは長期間(2021年5月~6月中旬、2021年10月中旬~2022年7月)に及ぶため、寝屋川沿いを萱島方面から香里園方面に向かって進みたい場合は注意が必要です。

【地図】

【関連記事】
寝屋川市駅西口の通行形態が変わってる。大利橋の架け替え工事の着工で
府道18号線の拡幅事業(寝屋川市駅~西小)が2024年度の完成に延期。2020年8月現在の用地取得率は60%程度

※「東大利民」さん、情報提供ありがとうございました!