成田山不動尊の祈祷殿でボヤ騒ぎがあった模様。消防の火災調査が行われてた

成田山不動尊(成田西町)の祈祷殿で6月11日(金)の午前中に火災が発生しました。

※読者提供(一部を修正)
※読者提供(一部の修正)

上の写真2枚は読者の方が消火後(午前10時前)に撮影した様子です。消火器やモップなどが置かれるとともに、消防士(「火災調査」と書かれたオレンジ色のゼッケンを着用している人)と警察官が中で捜査しているのが分かります。

筆者が11時40分頃に訪れると、火災調査が続けられていました。(東京消防庁によると、火災調査とは「火災がどのようなものであったか、いかにして発生して拡大し、どの程度の損害を発生させたか、を明らかにするもの」です。)

建物が焼けたような様子はなく、火災の規模としてはボヤだった模様です。

目撃者によると、火災発生時には白い煙が発生したとのこと。

【地図】

【関連記事】成田山不動尊に関する記事
成田山不動尊に新山門の建設計画。2021年3月着工予定。現在の門より大きくて色合いも変わるみたい(2020年5月)
プロジェクションマッピング
・2月の節分祭(2014年2015年2016年2017年2018年2019年2020年2021年

※「ポポンタ」さん、画像の投稿ありがとうございました!