寝屋川の府立高校で最も倍率が高いのはどこ?〜2022年度入試〜【寝屋川クイズ】

朝から寝屋川市のことがもっと詳しくなれる「寝屋川クイズ」のコーナー!

今回のクイズはこちらです。

Q:寝屋川市の府立高校3校の中で入試の競争率が最も高いのはどこでしょうか?

(1)寝屋川高校
(2)西寝屋川高校
(3)北かわち皐が丘高校
※大阪府立工業高等専門学校を除いて考えるものとします。

2022年度(令和4年度)大阪府公立高等学校一般入学者選抜(全日制)の出願が締め切られ、3月3日(木)に各高校の志願者数や競争率が最終発表されました。

寝屋川市内にある府立高校3校のうち、最も競争率(倍率)が高いのは、どこの学校でしょうか?

※資料写真(創研学院アカデミア香里園校より)

正解は、






(1)の「寝屋川高校でした!

大阪府の発表(PDFファイル)によると、2022年度公立高校入試の競争率(志願者数/定員)は以下の通りです。

(1)寝屋川高校:1.46(468人/320)
(2)西寝屋川高校:0.90(215人/240人)
(3)北かわち皐が丘高校:1.30(311人/240人)

寝屋川高校は3校の中で定員(320人)が最も多いにも関わらず468人が志願していて、競争率は1.5倍近くに達しています。公立高校普通科でこのような競争率になるのは、人気の高さを表していると言えそうです。

北かわち皐が丘高校も志願者が定員より71人多く、競争率(1.30)が比較的高くなっています。

(1)寝屋川高校(志願者数/定員)
・2021年度:1.30(416人/320人)
・2020年度:1.18(426人/360人)
・2019年度:1.28(459人/360人)
・2018年度:1.28(459人/360人)

(2)西寝屋川高校
・2021年度:0.99(238人/240人)
・2020年度:1.10(243人/240人)
・2019年度:1.08(259人/240人)
・2018年度:1.05(253人/240人)

(3)北かわち皐が丘高校
・2021年度:1.14(274人/240人)
・2020年度:1.23(296人/240人)
・2019年度:1.13(270人/240人)
・2018年度:1.04(249人/240人)

この2校は例年よりも競争率が高くて大変ですが、受験生の皆さんには悔いのないように頑張って欲しいと思います。

皆さんは正解しましたか…?

次回の寝屋川クイズも、お楽しみに!

【地図】大阪府立寝屋川高校

【関連記事】

※情報提供はこちら