ベル大利商店街のアーケードが短くなってる。府道18号線側の入口

ベル大利商店街のアーケードが短くなっています。

↓こちら

8月から解体工事が行われる予定を7月の記事でお伝えしました



7月の様子↓

解体工事が行われる前は、アーケードが府道に向かって突き出た状態。

地図ではここ↓

府道18号線や大利神社側の入口付近。

現在は十数m奥まっています。

看板のデザインは、引き続きベル大利商店街のマスコットキャラクター「としちゃん」。

今回の工事は都市計画道路対馬江大利線の整備事業(府道18号線の拡幅事業)によるもの。計画図面のp.4によると、ベル大利商店街の入口付近は道路用地にかかっていて、アーケードも短くなった形です。

寝屋川市の資料(PDFファイル)によると、都市計画道路対馬江大利線の整備事業の用地取得率は、2022年7月末時点で94.4%に達しているとのこと。

◆関連リンク

※情報提供はこちら