旧イオンモール寝屋川前の外環にあった横断橋が撤去されてる。現場には大きなクレーンも

緑町付近の国道170号線(外環状線)にあった横断橋が撤去されています。

※淀川新橋方面を向いて撮影

3月の記事で予告したように、4月10日(日)と17日(日)に夜間通行止めを伴う撤去作業が行われました。

※現地のお知らせより

撤去前後の様子を比較したいと思います。

※淀川新橋方面を向いて撮影

こちらは4月12日(火)の様子です。1回目の工事は準備作業だったらしく、まだ横断橋が残っています。

続いて4月17日(日)昼頃の様子です。2回目の工事に備えて大きなクレーン車が待機しています。

そして工事後の4月18日(月)昼頃の様子です。前日にあった横断橋がなくなっているのが分かります。

クレーン車で吊り上げられた横断橋は、そのまま隣接する工事ヤードに下ろされた模様です。

クレーン車の後ろに積まれた225t(12.5t×18個)のおもりが、横断橋の重さを物語っているようでした。

今回の横断橋の撤去工事は、2016年8月に閉店した大型商業施設「イオンモール寝屋川」の解体に伴うものです。

※読者提供(着工前に周辺住民に配布された資料)

横断橋(緑色の道路)は国道170号線からイオンモール寝屋川の立体駐車場に入る道路として使用されていました。

※市道をまたぐ横断橋があったところ
※市道をまたぐ横断橋があったところ

今回の撤去工事により、橋桁の撤去が全て完了したことになります。

今後は撤去した橋桁の搬出や橋脚の解体などが行われるとみられます。

※現地のお知らせより

イオンモール寝屋川の建物本体(A敷地)や周辺の建物(B〜Cの敷地)の解体工事の期間は、2022年11月末まで。国道の改良工事も含めると、工事は2023年3月末まで続く予定です。

工事が進んだら、再びお伝えしたいと思います。

【地図】

【関連記事】イオンモール寝屋川に関する記事

※情報提供はこちら