大利橋の架替え工事中のため、寝屋川市駅西側の川沿いにある「香里園方面行き道路」の通行止めが始まってる。12/24まで

寝屋川市駅前西側の川沿いを香里園方面に進む「寝屋川右岸線」の通行止めが始まっています。

寝屋川右岸線から香里園方面を向いて撮った写真。快活CLUBを超えて、中華料理の「華洋」〜宮本むなしの前辺りまでが通行止めになる部分です。

この道路は大利橋の架替工事にともない2021年5月から通行止めになっていたところを6月より一時解除されており、今回、工事を再開するかたちで10月15日より通行止めが再開となった模様。

代わりにつくられたこの仮橋を経由して、迂回することができます。

↑こちらが迂回を案内する看板。大利橋西詰交差点を高柳方面に進みたい場合(府道18号線仁和寺方面)、迂回用仮橋を経由して大利橋からぐるっと回る形で進めそうです。

しかし、大利橋西詰交差点を香里園の方に行きたい(桜木橋〜音羽町の交差点)場合は、仮橋を経由しても右折できない交通ルールになっているため、平池町の交差点の方まで大きく迂回しないといけないようです。

寝屋川市駅西口バスロータリー側から見るとこんな感じ。

また、寝屋川市駅西口ロータリーから大利橋東詰交差点を左(高柳方面)に曲がりたい場合、通常7時〜10時、16時〜19時は左折禁止の交通規制がかかっています。が、今回始まる「通行止め」の期間中は終日、規制が解除されます。

寝屋川市が発表している以下の動画で詳しく説明されていますのでよければどうぞ↓

大利橋の架替はいままでに何度かお伝えしている通り、府道18号線を拡幅する都市計画道路対馬江大利線の整備事業の一環です。

計画によると通行止めは10月15日~12月24日となかなかの長期間です。その間は交通渋滞も予想されますのでご注意ください。


【地図】

【関連記事】
架替え中の大利橋付近で一部通行止めが始まってる。信号制御も変わって渋滞が増加(2021年5月)
寝屋川市駅西口の通行形態が変わってる。大利橋の架け替え工事の着工で(2021年2月)
府道18号線の拡幅事業(寝屋川市駅~西小)が2024年度の完成に延期。2020年8月現在の用地取得率は60%程度(2020年9月)