イオンモール寝屋川の解体状況。外環ぞい店舗跡地も解体へ

2016年8月に閉店したイオンモール寝屋川の解体工事が進められています。

地図ではここ↓

大阪府寝屋川市緑町5が住所。



イオンモール寝屋川では仮囲いなどを設置する準備工事が2021年4月から、解体工事が2021年6月から始まっていて、その後の変化を定期的に取り上げてきました。

今回の記事でお伝えするのは、8月下旬に撮影した解体工事の進捗状況です。

フェンス越しの見た目は半年ぐらい前から変わりませんが、

6月にお伝えした時にあった土の山がなくなっています。

現地のお知らせ↓

7月20日の時点では、確かに土の山がありました。

現地のお知らせによると、8月下旬に行われていた作業内容は杭や鋼矢板の撤去など。

続いて国道170号線側の様子を見て行きたいと思います。

位置関係↓

読者提供(着工前に周辺住民に配布された資料)

上の地図ではB〜D敷地の部分。

新たにC敷地の部分の解体が始まっていました。

C敷地、D敷地や、

横断橋の撤去が終わっているのは、これまでの記事でお伝えした通りです。

現地のお知らせによると、A敷地の地下躯体の撤去・杭撤去・埋め戻しは2022年10月まで、国道改良工事も含めた全ての工事は2023年3月まで行われる予定とのこと。


工事が進んだら、再びお伝えしたいと思います。

◆関連リンク

※情報提供はこちら